キャッシングは出産などでお金がない時の強い味方!

出産は子どもを産むという素晴らしいことですが、お金がかかります。出産費用でお金を使い果たしてしまうとその後の生活にも影響を及ぼすので注意が必要です。出産はゴールではなく子育てのスタートになります。

そう考えるとスタート地点でお金を使い果たしてしまうのは避けたいですね。もし、貯金などがあるなら崩さずいざという時のために取っておくのも良いでしょう。出産費用は公的な援助として42万円まで支給があります。この受け取りは手続き後病院や産院へ直接払いといったシステムとなっています。以前は直接払いではなく、いったん産婦さんが受け取り、受け取ったお金で病院へ支払いに行くと言ったシステムを取っていましたが、最近では産婦さんを通さず直接病院へ支払ってもらえるので退院時の負担が少なくなりました。

出産費用が42万円以内なら病院からの請求はなく産婦はそのまま退院できます。そして後日出産費用と公的な援助の42万円までの差額分の請求の手続きをして受け取ることができます。

42万円を超えた場合は病院から退院時に請求が来ます。差額分を病院に支払って退院となりますが、この時にお金の用意をしていなかったら慌てることになります。

もし、お金がないならキャッシングと言う方法があります。キャッシングはお金がない時に申し込むと、その日のうちに借入れまでできるところがあります。いわゆる即日融資ですね。病院や産院からの請求書は前日までにもらえることがほとんどですので、もらってすぐにキャッシングの申し込みをすると退院までに間に合います。インターネットからの申し込みと銀行振込みでの借入れで産婦本人が病室から申込みも可能なので退院時もスムーズに退院できますね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【モビットより便利!?】人気沸騰の消費者金融を一挙に紹介中! All Rights Reserved.